How to

※表面にホコリよけの紙がのっているキャンドルは、はずしてからご使用下さい。

●点火についてのポイント

1.

芯糸をまっすぐに立てて、火をなるべく根元に近づけて点火します。

※キャンドルは周りに燃えやすいもののない安全な場所で使用して下さい。
※芯が2本以上あるものは全てに点火して下さい。

POINT!

2.

2回目以降に使用する際は、芯の先に燃えたススが固まっていることがあるので、
下図のように芯を3〜5mmくらいにカットしてから点火して下さい。

ろうそくの芯のカット方法

3.

キャンドル芯の残りが、底から1cmのところでご使用をお止め下さい。

※燃焼時間は環境によって異なるので、様子をみて時間を調節してください。
  (長時間の焚きすぎにご注意下さい。)

●各キャンドルの楽しみ方説明書

※各キャンドルによって楽しみ方は異なります。詳しい説明書は下記をクリックしてお読み下さい。

bottle pdf nell pdf piller pdf inor pdf

●消火のポイント

1.

芯をピンセット等でつまんで溶けたロウの中へ倒して消火すると、
ススや煙がでにくく、消したときの匂いも気になりません。


2.

消火したあと、固まる前に芯をまっすぐに立てておくと
再点火しやすくなります。

使用上の注意

  • 1. 火をつけたままその場から離れないで下さい。また、使用後は、火が完全に消えていることを確認して下さい。

  • 2. 燃えやすいものの近くや、電化製品の上で使用しないで下さい。

  • 3. 小さいお子様やペットのいる場所で使用しないで下さい。

  • 4. 不安定なところに置かず、水平な場所でご使用下さい。

  • 5. 点火中及び消火直後は、溶けたワックスの熱にご注意下さい。

  • 6. ボトルに入っているキャンドルは、ガラスの一箇所に炎が当たり続けると耐熱製の容器でもヒビ割れや破損の
        原因になりますので、芯が真っ直ぐに立っているか確認して下さい。

  • 7. 容器に入っていないキャンドルは、必ず不燃材(皿など)をお敷き下さい。

  • 8. 燃焼時間は環境によって異なるので、様子をみて使用してください。

  • 9. キャンドルの残量が少なくなり、芯の残りが1cmのところでそれ以上のご使用をお止め下さい。